畳替えの時期について

畳替えとは、一般的には表替えのことを指します。

それ以外にも裏返し、新畳がございます。「表替え、裏返し、新畳」のページも合わせてお読みください。

 

畳のお取替え時期

畳を新調してから5〜6年経過で、裏返しを行う目安になります。10〜12年以上経過で、新しい畳表に入れ替えることを勧めています。

しかし、新しい畳表に入れ替える時期は、個々の使用状況や住環境によって短い期間で痛んでしまったり、逆に長くお使いいただける場合もございます。

判断に難しい場合は、私どもが現場に伺い確認いたしますので、
まずは、お電話にてお気軽にご相談ください。

  

畳の色や状況で交換時期をチェック

畳表も古くなると傷みがひどくなり、畳と畳の間も隙間ができたりしてきます。また、畳縁(ヘリ)も経年劣化してきます。

  

畳替えの流れ

  1. 電話またはメールにてお問い合わせ。
  2. 事前下見して、現場確認。
  3. 畳表畳縁(たたみべり)の見本にて、ご相談のうえお見積り。
  4. 成約後、工事日を決定。
  5. 工事日の朝引取り、夕方引き込み、一日仕上げ。
     

※但し、1日仕上げは8畳まで。8畳以上は数日お時間をいただきます。

※畳表、畳縁(たたみべり)については料金表にてご確認ください。

 

こだわりのサービス

大島畳工業では、畳替えの際に「家具の移動やお掃除サービス」まで行っています。事前のお部屋の片付けやお掃除しなくても大丈夫です。弊社におまかせください!!